toggle

リンパドレナージュ

昨日、リフレインセラピストカレッジ広島校にてリンパドレナージュコース終了しました。お疲れ様でした。
施術者は繊細な動きが要求されますので、全身を通しておこなうと通常のトリートメント(マッサージ)よりドッと疲れてしまう・・手技なのです。
頑張って慣れてくださいね☆彡

モデルになってくれた〇お〇ちゃんの寝っぷりに笑ってしまいましたが、ありがとうね♡

どうして繊細な手技なのか・・・

通常リンパをしっかり流すには、呼吸(腹式)・適度な運動が必要になります。
それでもリンパが滞るならば、スムーズに流れるよう手で促してあげる必要があります。

通常のトリートメント(マッサージ)でも血液循環を促進することでリンパの流れも促されますが、
同時にリンパ管が吸収しないといけない量が増えてしまいます。
組織中に通常の2倍のリンパ液(組織間液)が溜まると回収(吸収)するのに4倍の時間を要すると言われています。
組織間液が増えれば増えるほど回収する時間はとても長くなってしまいます。
なので、むくみのひどい方、リンパ浮腫のある方には、一般的なトリートメント(マッサージ)も負荷が大きすぎてしまいます。

トリートメント後になんだかだるいな~という経験をされた方、いらっしゃると思います。
神経系の鎮静でぼ~っとしてしまうこともありますが、組織間液が増えたことに加え溜め込んだ老廃物が組織間液に混じり、
静脈やリンパ管への排液が間に合わず時間を必要とするためにだるいと感じる場合が多いようです。
なのでトリートメント後は水分補給で流れをスムーズに。

ここ数年リンパマッサージが流行っていますが、見極めをしっかりと。


2012-04-14 | Posted in 過去ブログComments Closed