toggle

アロマテラピー

アロマテラピーで精油の効果を最大限に引き出す方法を知ると、より効果的なセルフケアをおこなうことができます。 特に女性のからだのリズムを整えるには、 アロマは最適なサポートツールとなることでしょう。 香りがからだに働きかける3つのチャネルと作用

①鼻→脳

香りの分子は鼻奥の粘膜から嗅上皮を介して大脳へ。 記憶や感情、情動、免疫系やホルモン分泌をつかさどる部分に届いて、免疫機能やホルモンの調整に作用します。 こんな時に 不眠、過食、月経不順、性欲減退、落ち着かない、元気がでないときなど

②鼻→肺→血液

香りの分子は鼻から肺の組織(肺胞や粘膜など)を介して血管内に取り込まれます。 呼吸器の不調に香りが良いとされるのは組織を通過するときに香りの分子が肺の粘膜をきれいにしてくれるためです。

③皮膚→血液

香りの成分はマッサージなどで直接表皮に作用するだけではなく、体内へ経皮吸収されます。 香りの分子は非常に小さく、何層もある皮膚の組織を通過して血管へ到達し、全身を巡り老廃物を除去したり免疫機能を高めてくれるのです。 こんな時に お肌の乾燥、筋肉の疲労、むくみ、セルライトなど

1238063_529236513818198_1342220710_n